お知らせ 2024年9月1日よりconnpassサービスサイトへのスクレイピングを禁止とし、利用規約に禁止事項として明記します。
9月1日以降のconnpassの情報取得につきましては イベントサーチAPI の利用をご検討ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov

1

「量子力学10講」オンライン読書会 第3回

2回/月、第1第3水曜日にオンラインで定期開催

「量子力学10講」オンライン読書会 第3回
Registration info

オンライン参加

Free

Attendees
9

Attendees
osawat
Ken Shimizu
tierra-pochi
Steven Shimizu
iwatsurut
Yasu
kazueda
kau
nanbuwks
View Attendee List
Start Date
2023/11/01(Wed) 20:00 ~ 22:00
Registration Period

2023/10/22(Sun) 18:04 〜
2023/11/01(Wed) 22:00まで

Location

オンライン

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

概要

量子力学をちゃんと数式で理解したい!!という人のためのオンライン読書会です。 毎月第1、第3水曜日の20:00~22:00にZoomで実施します。 毎週担当を決めて、輪読形式で読み込んでいきます。

量子論について特に詳しくない参加者同士で少しづつ知恵を出し合いながら理解していくことを目指しています。 詳しい人も歓迎ですが、全くわからない人も大歓迎です。

「量子力学10講」 谷村省吾著,名古屋大学出版会,2021/11/4発売,全200ページ

スケジュール

2回/月、第1第3水曜日に定期開催

本の選定理由

ポイントがコンパクトに纏められており凝縮されている 多人数でワイワイ内容を味わうのに向いていそう 1項ごとにテーマがあり、担当分けしやすい

ちょっと難しい本ですが、知恵をあつめて理解したいと考えています。

対象

  • 高校の数学・物理の内容がある程度わかる
  • 行列の計算ができる
  • わからないことを質問してくれる方

(↑より難しいことを前提として話すこともあると思います。 わからないところ、違うと思ったところは声をあげてもらえるかたがありがたいです。誰もがわからない中話しています。)

※逆に量子力学を専攻しており、最新の研究動向を知りたいなどという方は 対象外です。

今回の範囲

担当:kau・osawa - 第2講 状態を表すベクトル P25 例3 ℝ上の2乗可積分空間~ - 第3講 物理量を表す演算子

今後の担当:

  • 第3講 物理量を表す演算子 oosawa
  • 第4講 行列表示とユニタリ変換と対角化 tsimizu
  • 第5講 位置と運動量 nanbuwks

参加にあたって準備いただくもの

「量子力学10講」をご購入ください

主催

秋葉原ロボット部 よろしければ Discord にもご登録ください。 https://discord.gg/bqVJS2S (あらかじめ、 Discord のアカウントの用意が必要です。)

参考

正誤表と補足

量子力学補講 『量子力学 10 講』の誤記訂正と補足 谷村 省吾 (第 8 版  2022 年 11 月 11 日、60ページ) https://www.unp.or.jp/shared/img/1049_supplement_20211111.pdf

※かなり補足されているので一読をお勧めします。

著者による本紹介

「線形代数がわかれば量子力学もわかる」 https://allreviews.jp/review/5815

本の目次

  • 第1講 量子力学の考え方 1-1 ミクロの世界の構成要素 1-2 ボールと水面波と電子 1-3 確率振幅 1-4 複素数の絶対値2乗

  • 第2講 状態を表すベクトル 2-1 古典力学と量子力学の共通点 2-2 古典力学と量子力学の相違点 2-3 ヒルベルト空間 2-4 コーシー・シュワルツの不等式 2-5 確 率 2-6 量子力学における確率解釈 2-7 ヒルベルト空間の例 2-8 基 底 2-9 展開公式の幾何学的意味

  • 第3講 物理量を表す演算子 3-1 演算子 3-2 エルミート共役 3-3 自己共役演算子 3-4 演算子の固有値 3-5 自己共役演算子の固有値・固有ベクトル 3-6 固有値が縮退している場合 3-7 固有値と測定値の関係 3-8 射影演算子とスペクトル分解

  • 第4講 行列表示とユニタリ変換と対角化 4-1 抽象ベクトルの数ベクトル表示 4-2 抽象演算子の行列表示 4-3 ユニタリ変換 4-4 対角化 4-5 トレース

  • 第5講 位置と運動量 5-1 無限次元ヒルベルト空間の必要性 5-2 円周上の粒子 5-3 直線上の粒子

  • 第6講 可換物理量と結合確率 6-1 結合確率 6-2 可換な物理量の結合確率 6-3 縮退がある場合

  • 第7講 非可換物理量の量子効果 7-1 同時確定状態の非存在 7-2 波束の収縮 7-3 干渉効果 7-4 干渉項としての非対角項 7-5 物理量の和と値の和の不一致 7-6 ロバートソンの不確定性関係 7-7 ケナードの不確定性関係

  • 第8講 複合系とエンタングルメント 8-1 複合系 8-2 ヒルベルト空間のテンソル積 8-3 テンソル積空間における内積と確率解釈 8-4 演算子のテンソル積 8-5 テンソル積の成分表示 8-6 エンタングル状態

  • 第9講 運動方程式 9-1 時間変化を扱う必要性 9-2 シュレーディンガー方程式 9-3 エネルギー固有状態は定常状態 9-4 2状態系の時間発展 9-5 ハイゼンベルク方程式

  • 第10講 調和振動子 10-1 バネとおもり 10-2 古典力学の調和振動子の解 10-3 量子力学の調和振動子 10-4 調和振動子のエネルギー固有値 10-5 調和振動子の波動関数 10-6 インピーダンス

Title 画像

File:Double-slit experiment results Tanamura 4.jpg This file is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported license

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

kau

kau published 「量子力学10講」オンライン読書会 第3回.

10/22/2023 18:04

(コピー)「量子力学10講」オンライン読書会 第3回 を公開しました!

Ended

2023/11/01(Wed)

20:00
22:00

Registration Period
2023/10/22(Sun) 18:04 〜
2023/11/01(Wed) 22:00

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Attendees(9)

osawat

osawat

「量子力学10講」オンライン読書会 第3回 に参加を申し込みました!

Ken Shimizu

Ken Shimizu

I joined 「量子力学10講」オンライン読書会 第3回!

tierra-pochi

tierra-pochi

「量子力学10講」オンライン読書会 第3回 に参加を申し込みました!

Steven Shimizu

Steven Shimizu

「量子力学10講」オンライン読書会 第3回 に参加を申し込みました!

iwatsurut

iwatsurut

「量子力学10講」オンライン読書会 第3回 に参加を申し込みました!

Yasu

Yasu

「量子力学10講」オンライン読書会 第3回 に参加を申し込みました!

kazueda

kazueda

「量子力学10講」オンライン読書会 第3回 に参加を申し込みました!

kau

kau

「量子力学10講」オンライン読書会 第3回 に参加を申し込みました!

nanbuwks

nanbuwks

「量子力学10講」オンライン読書会 第3回 に参加を申し込みました!

Attendees (9)